ぶらり写真日記 西国三十三か所巡り 勝尾寺、善峯寺 with PENTAX K-1 & HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR 

K-1
今回はK-1と28-105と一緒に西国三十三か所巡りをした時の写真をご紹介したいと思います。

まずは勝尾寺から。

IMGP1418.JPG
f5.6 1/320秒 ISO200 28mm
ダルマのお寺として有名なこの勝尾寺。
私が行ったのは平日でしたので、人はほぼいませんでした。

IMGP1427.JPG
f8 1/320秒 ISO200 28mm
ご覧の通りガラガラでした。
おかげで気にせず撮影できたので良しとしましょう。

IMGP1426.JPG
f8 1/60秒 ISO1600 105mm

IMGP1436.JPG
f8 1/50秒 ISO200 63mm

IMGP1446.JPG
f3.5 1/320秒 ISO200 28mm

IMGP1432.JPG
f8 1/80秒 ISO200 28mm
隙あらばダルマを放り込んでくるこのスタイル。
嫌いじゃないです。
こんな感じで境内各所にダルマが大量に陳列されています。

IMGP1515.JPG
f8 1/25秒 ISO400 28mm
次は場所変わって善峯寺へ。
最寄駅からバスに揺られて1時間弱。
山奥のせいかとても静寂に包まれ、異世界にいるような静かさでした。

IMGP1552.JPG
f8 1/1000秒 ISO200 28mm -0.7

(中央等倍切り出し)
キャプチャ.JPG

京都の景色が一望できます。
夜に来れたら綺麗でしょうね。
それにしてもHD 28-105の解像度はすごいですね。
等倍切り出ししても、遠くの街並みまで解像しています。

IMGP1588.JPG
f8 1/125秒 ISO200 105mm
個人的にお気に入りの一枚。
こういう坂道の景色はワクワクします。

今回はHD28-105を使用しましたが、前回紹介させて頂いたA09と比較すると下記の点で優れていると思います。

・AFの静寂さ。
A009はボディ内モーターのせいかAF時にギュイーンと音がします。(慣れれば気にならない程度ですが・・・)
HD28-105はDCモーターを使用しているので音が全然気になりません!(サー・・・という感じで少し音がしますが、まあ静かです)

・コンパクトかつ望遠30mmが長い
A09が重さ510g、長さ92mm
HD28-105が重さ440g、長さ86.5mm
とコンパクトです。

・HD28-105は簡易防滴対応!
個人的にはこれが一番大きいです。
雨でも安心して持ち出せます。

・画質の安定度
A09はしっかり気にして設定しても、時にハレーションが起きたり、ワイド端はぼんやりしすぎて風景には向かなかったり・・・。
かと言えば偶にとんでもない写真が撮れるというホームランバッター的な存在でした。

HD 28-105は適当に撮っても解像度の高いしっかりとした写真を撮ってくれて、しっかり設定すれば期待に応えてくれるというイチローのような存在でした。

逆に悪い点と言えば
・ワイドで寄れない
HD28-105はワイドでの最短撮影距離が50cmと最近のレンズにしては寄れません。
テレ端で寄れば寄れないことはないですが、マクロはあまり期待できません。
解像度の高さを利用して、トリミングするという手もありますが手間がかかりますしね・・・。

個人的に感じた点悪いはこれくらいです。

それ以上にメリットの方が大きすぎて気にならないくらいです。

価格差はA09の2倍ありますが、最初にこのレンズを揃えたら標準ズームレンズはこれで充分!というくらいのポテンシャルを秘めているので、逆にコスパがいいと思います。

それではまた!
スポンサードリンク
スポンサードリンク